Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
プロフィール?

author:来山輝依


建築士にだけは絶対にならないと決めた、建築学科生徒。
好きな人は輝夜。
好きな作家は森見登見彦。
趣味特技は、趣味特技は特になしと答えること。
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2011.11.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
自己分析
2010.10.04 Monday 08:53

 何度も書いているけれども、自己分析に関しては基本誰にも負けるつもりがない。
無駄に自己分析が進むのは残念大学生の最大の強みであろう。※1
コンプレックスから始まること、
自分としか向き合う相手がいないこと。
故に残念な大学生は自己分析においては強い。(と思う

ということで、
僕は自己分析に基づいて根拠不明の自信と、
筆舌に尽くせない世界観を展開しているんだ。
両者とも文字通りの意味で、
自信の根拠はなく、強いて言えば私が私であるからというところに起因しており、
筆舌に尽くせない、というのはその通り他人に伝えられないというものである。
大まかな形では、オカルトで大枠を作りつつ細かいところを理詰めで説く、
というようなものだが。※2

上の二つに関してある程度の大系を作り上げた僕であるので、
問題はそれをいかに対外的な場面で維持できるかということになっている。
ほんと、相手のペースに乗せられやすいので僕は。
相当手の内が読めた相手でないと、自分の大系で自分のペースに持ち込めない。

これはひとつのコンプレックスである。
要するに未知の人間が怖いから、手札を切れない、みたいなもんだ。
スペードの3が見えないからジョーカーを出せずにパスし続けるみたいな。
まあ正し言っちゃあ正しいんだけど。
一見の人間、特に最初の勢いで押してくる人間。
それに全く歯が立たないんだよなあ。
ぶっちゃけ、経験上そういう人間ってみんな大したことないんだけど^^; ※3

要するにあれだなあ、
人付き合いのテンプレートみたいのが足りないんだろうな。
ちょっとテクニック知ってればひるむ必要もない相手でも、
なんだか警戒してしまう。
これが残念な大学生の最大の弱みであろう。



※1(大学生の仕事たるリア充をしないで、更に自己分析すらもしなかったら大学行って何してたんですかって話ですけど^^;
※2(僕は死なない、何故なら死なないからである。というような大枠。他十二の原理が大枠を作る。)
※3(勢いと中身が伴うっていうのは、要するに超カリスマ的人間のことだよね。そういう人間と見極められたら、僕は従順に付き従いたいと思っているのだけれど、なかなか見つからないもの。


何が言いたいかわからないのは朝だからだ。
※なんて使う文章書きは、大抵三下と相場が決まっているのだ。
来山君もここまで落ちたか。

| vlack_jack | - | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
2011.11.03 Thursday 08:53
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://stupid-newbie.jugem.jp/trackback/1964
2010/10/05 4:07 PM posted by: 生活レスキュー
「顔のコンプレックスをなくしたい! 」「きれいになって愛されたい...」 「でも...