Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
プロフィール?

author:来山輝依


建築士にだけは絶対にならないと決めた、建築学科生徒。
好きな人は輝夜。
好きな作家は森見登見彦。
趣味特技は、趣味特技は特になしと答えること。
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2011.11.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
政治
2011.11.03 Thursday 15:40

これからの時代は分譲核シェルター!
10億円くらいあれば建てられるかなぁ。法律的に無理そうだけど;

ということで、お久しぶりです。
やっぱブログ書かないと文章力落ちすぎて困るよね。

にしても、2011年が地獄すぎてやばい。
どう考えてもこの世界、ここから衰退しか無いだろ・・
この半年、新聞から目が離せなすぎる。
311が序の口だったって、どうにも信じきれないよね…。

差し迫った問題としてTPP。
原典から調べているわけでないので2ch脳乙って感じだけども、
米韓FTAとか見てると、こんな条約現代世界で結んでいいのかって惚れ惚れする。
(詳しくは勝手に調べてね^^)
こういうのって、国際法で規制とかされてないのか…?完全に不平等条約じゃないか。
いやまあ国際法を決めてるのはアメリカなんだけど。
政治力(軍事力)を背景にして経済活動に圧力をかけるって、資本主義の原則を犯してるどころか、
アメさん大好きの国家主権、民主主義にすら反してるだろ。
左派オバマの無理な政策の末路がこの他国への経済侵略行為というオチはさすがに酷過ぎる。

同時に、ギリシアの財政危機もやばい。
まともにデフォルトしたら大デフレ、基地外デフォルトしたら世界恐慌。
EUさんは経済共同体という概念が立ち行かないということを身をもって証明してくださったのだけれども、
それを受けてTPPという枠組みの根本概念自体が見直されたことがあったのだろうか。
共同体によるwin-winな進歩、みたいな理想があったグローバル万歳時代ならともかく、
もはや時代は次のステップに移っている。
のだから、一度目的や理想に関して、自体立ち止まって考えなおさなければいけない。
もはや理想すら無く本気で貿易で競り勝てると思ってるのならまた論点は別だけど…。

これからさしあたって世界は、軍事的とは違った形であるかもしれないが、
TPPであったり領土問題であったり外交であったり、ある種の平和な戦争の時代に移っていくはず。
この変化に対して国家としてあくまで国益を追求した戦略的なビジョンを持たずして日本が生き残れるはずがない。
どうも日本国内総じて、どうも90年代だかのリベラルヒャッハー思想、団塊の亡霊に取り憑かれているように思える。
それでも無尽蔵な国力があるならともかく、今の日本はそれで成り立つ国とは言えない。





まあ国際問題といえば、他にもアラブの問題、アメリカやイギリスのデモ、中国の戦略とか、怖いニュースばかり。
こういうののしわ寄せも、いずれ日本に波及してくるだろう。


そして、国内の構造問題の山積もやばい。
短期的な問題として円高があるのは勿論のこと、その先に控えるのは
世代間格差、産業空洞化、財政赤字、という超超大きな問題。
これからの半世紀で辻褄を合わせきれなくなるのは目に見えてる。
日本の強みはやはり、一億総中流という安定した社会構造だった。
それは既に覆されつつあり、尚抜本的な対策は打たれない。
というか、もはや中流じゃなくていいよという方針にシフトしているのは明らかだけれども、
それでもあからさまな不平等感は国に閉塞感をもたらす。

不平等感及び、次世代の保護というのを
組織を円滑にかつ持続的に運営するにあたっては最も重要視しなければならないと俺個人は思っているのだが、
日本はその二つともが失われるという瀬戸際に立っている。


最後に、最も怖いのが人口爆発。
かねてから言われるように、水の不足、食料の不足、環境問題、移民難民問題、紛争など
様々な深刻な問題を引き起こしうる。
地理的に日本という国は煽りを受けにくいといえば受けにくいのだが、
長期的視野で考えれば世界情勢を不安定にする最大の要因はこれだろう。
この問題の怖いところは、絶対的に解決法がないところだ。
いくら政策的に人口を減らしたくとも、国家は政策的に人命を奪うことはできない。
故に解決不能。
自分の予想では、増えすぎた人口は紛争を生み、最終的には国際的な戦争となりうる。
50年のうちには必ず起こると思っている。
どうも救いがない。


まあ、とか色々いったところで、一大学生がどうしようもないので、やることは自分の身を守ることの一点。
故に、核シェルターです。
自分と家族の命を保証できる核シェルターを確保することが当面の課題でしょう。
ともすれば、核シェルターを作って金持ちに分譲すれば絶対に儲かる。
まあ自分じゃあ作れないので、少なくとも株式会社とかがあったら突っ込むんだけどなあ、
そんな会社ないかなあ。ないよなあ。
もしくは、核シェルター付きマンションとかもありだよね。多分これから出てくると思う。

| vlack_jack | - | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2011.11.03 Thursday 15:40
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2012/06/21 8:14 PM posted by: GB250
まだ次の日記まで時間がかかりそうですかねぇ?
2012/11/30 11:58 PM posted by: GB250
はよ、更新して
2013/04/13 8:43 PM posted by: おぅ!
あくしろよ!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://stupid-newbie.jugem.jp/trackback/2135